相談予約はこちら tel
bg_entry_head

不動産名義変更-相続登記

相続により不動産を承継された方は、その不動産について自己名義への名義変更をすることができます(相続登記)

名義変更をしないと、売却や不動産を担保にすることはできません。

また、名義を変更せずにいると、さらなる相続の発生などにより手続きが煩雑になったり、またトラブルになることもあります。

ですので、相続により不動産を承継された方は、すみやかに名義変更(相続登記)されることをお勧めいたします。

bg_entry_bottom
bg_entry_head

不動産名義変更(相続登記)の必要書類

名義変更(相続登記)には多くの書類が必要となります。

  • 被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本(除籍、原戸籍)
  • 被相続人の住民票の除票
  • 相続人の戸籍謄本
  • 相続人の住民票
  • 固定資産評価証明書
  • 遺産分割協議による場合は遺産分割協議書、相続人の印鑑証明書
  • 遺言による場合は遺言書

※事案により上記以外の書類が必要となる場合があります。

bg_entry_bottom

相続,遺言書作成に関するご相談は私にお任せ下さい電話でのご連絡はこちら

©2022 あおば綜合法務事務所

〒600-8491 京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480番地
オフィス-ワン四条烏丸607号室

mail : info@aoba-souzoku.com

tel : 075-366-9050